2019年06月28日

優しいお母さん

夜間にsleep.jpgお部屋に伺うと「良い子だね〜」と我が子をあやすように犬のぬいぐるみをなでる入居者さんの姿がありました。
目は閉じていて寝言のようにささやいていました。
若い時はきっとそうやってお子さんと寝ていたんだろうな…。優しいお母さんだったんだろうな… (*^_^*)  (特養ホーム介護職員)

2019年06月25日

お手軽プリン

cooking.jpg今日は、ユニット内のキッチンで豆乳プリンを作りました。
材料は、牛乳または、豆乳とマシュマロ、少量の水のみです。男性の私でもできるお手軽プリンです。
入居者さんの近くでのおやつ作りは、作る側の緊張とできあがりを待つ入居者さんの楽しみが重なります。
「おいしい。これならまた食べたい」とおっしゃっていただきました。(特養介護職員)

2019年06月20日

青春の甘い思い出

love.jpgご利用者さんとラベンダー祭りに行ってきました。
その道中、男性利用者さんが「ここ懐かしいなぁ。昔、リヤカーを押しながら歩いたっけなぁ」としみじみと語られました。
結婚前の奥様に会いに行く度、リヤカーに奥様宅への贈り物等を積んで通ったそうです。いつもは見られない朗らかな表情で、奥様の事などをたくさん話して下さいました。
「職員さん、ここに連れてきてくれてありがとうなぁ。懐かしくて婆の事をいろいろ思い出したよ。今日は良い日だ」と笑顔で仰って下さいました。また来年も一緒に行きましょう。
(デイサービス 介護職員)

2019年06月17日

梅雨の晴れ間のよう

egao5.jpg100歳を過ぎて穏やかにお過ごしのAさん。最近は目を開けて下さっている時間が多くなり喜んでいました。
今日、トイレにお誘いすると私の顔を見て声を出して笑ったので、「私の顔がおかしいですか?」と伺うと、うなずいてくださいました。
こんなにはっきりと笑うことが少ない方なので、とっても嬉しかったです。梅雨の晴れ間のような気分になりました。   (特養ホーム介護職員)

2019年06月11日

5年という時間

copy.jpgコピー機(複合機)が入れ替わりました。
これまで使っていた機種も設置したときは「速ーい」とか「きれい!」なんてことを言っていたんですがね。
今回のはコピーした書類を、枚数こそ少ないものの針なしホチキス機能で仕上げてくれたり、同じ書類を大量にコピーするとき1部ずつづらしてセットしてくれるんです。すごいですね〜(私たちにとってはスゴイんです)。
でも、あと5年したら会議では紙なんてものが必要なくなりコピー機そのものが必要なくなるかもしれませんねぇ。(事務員)

2019年06月10日

金のなる木

金のなる木.jpgデイサービスでの「園芸活動」で数名のご利用者さんと土いじりを楽しみました。
すると、10年以上放置され根詰まりを起こし、しかも病気のせいか葉っぱが落ち丸坊主になってしまった『金のなる木』を植え替えようとAさんがおっしゃったので、植え替えをすることに。
力仕事は私が引き受け、教えてもらいながらの作業です。株分けし、枝を短く切られた『金のなる木』。
「これでお金が入って来るべな〜」とAさん。
『金のなる木』という名前に思いも込めたくなります。枯れないで! 復活して! その生命力を信じています!  (デイサービス職員)

2019年06月03日

いい笑顔!

man.jpg夏のような暑い日、顔を真っ赤にした学生さんがトイレを借りにきました。
「授業の一環で田植えをしてました。今から打ち上げなんです」
充実したいい笑顔! 普段から、いろんな方が立ち寄ってくださいます。 
(特養ホーム相談員)

2019年05月30日

つばめ

swallow2.jpg苑の軒下に巣を作ったつばめの夫婦に、雛が誕生しました。
巣から小っちゃなクチバシを出し、一生懸命新米?パパ・ママに餌をおねだりしています。無事に巣立ってくれる事を願っている毎日です。
つばめは幸せを運んで来る鳥と言われているので、苑に小さな幸せが来るかも……。  (看護職員)

2019年05月25日

私は二十歳

hatati.jpg私たちの部署に二十歳の誕生日を迎えた職員がいます。勤務職員みんなでお祝いしました。
苑長がウン10年前の学生の頃、サークルでメンバーが二十歳を迎えるたびにみんなで歌ったという歌の紹介もありました。
るんるん夏雲の下〜 木枯らしの夜も〜 前を向いて歩き続け〜 … 私は二十歳〜。るんるん
初々しさいっぱいの二十歳の乙女。これからの人生、ワクワクする楽しいことがいっぱいあるよ。
私だってまだまだ頑張るからね!!  (特養ホーム介護職員)

2019年05月23日

悩ましい

hokou.jpgリハビリ後に椅子から立ち上がり、ふと手を伸ばすご利用者Aさん。その手に素早く気づき、そっと手を取るご利用者Bさん。
リハ職としては移動の見守りをしつつ一人で歩いていただきたい気持ちがあるのですが、Bさんの気持ちを大事にして利用者間の交流を深めていただきたいとの思いもあるし…。その板挟みに悩むことがあります。 (リハビリ職員)

2019年05月21日

笑顔を引き出したい

bath4.jpg失語症の入居者さんの入浴介助を終え、「ありがとうございました」と目を見て声をおかけすると、一瞬にこっと微笑んで下さいました。
一度も微笑んだ顔を見たこともない私には衝撃的で貴重な経験になり、とても暖かい気持ちになりました。
これからも笑顔を引き出していけたらなぁ。  (特養ホーム介護職員)

2019年05月06日

菖蒲の湯

syoubu.jpgデイサービスでは菖蒲の湯。でも、自分の菖蒲を束ねる紐はすぐほどけそうです。
そうだ、利用者の皆さんの方が上手いんじゃないか?と思い、一緒に束ねていただきました。
やはり、束ね方はきっちり。タコ糸の結びも手慣れたもの、さすがです! 
手にほんのり五月の香り(?)。お風呂にプカプカ浮いた菖蒲に、私も「ま〜ぜ〜て〜。」と思わず…。  (デイサービス 介護職員)

2019年05月03日

男性って

名称未設定 4.jpgお茶の時のことです。 男性入居者のAさんからは厳しいお言葉を頂いたりもしていますので、
「あの〜私の良いところはどこでしょうか?」と伺うと 「ん〜っと、髪が短いところ!」とお褒め頂きました。
向かい側に職員のBさんがいたので 「Aさん、Bさんの良いところはどこですか?」と伺ってみると、「ボインちゃん!!」と。
おもわずBさんと笑ってしまいました。
男性はいつまでも男性なんだな、と思い知らされました。(特養ホーム介護職員)

2019年04月29日

ツバメが…

swallow.jpg施設の軒下に毎年のようにつばめが巣を作っていましたが、来なくなってから数年、久しぶりにつばめを発見!
今年は良いことがあるかなー。ひな鳥で癒やされる日が待ち遠しい私です。
(特養ホーム看護職員)

2019年04月24日

苦あれば楽あり楽あれば苦あり

syokuzi.jpgAさんは独り暮らしです。嫁いだ時は9人家族で、姑さんは何もしてくれず、Aさんが朝仕事から帰ってから食事の準備をしたそうです。
「家族は皆出ていき、今は自分の食べることだけすればよい。苦あれば楽あり、楽あれば苦ありで、今は楽だ」と笑って話されます。聞いている私は複雑な気持ちです。(ホームヘルパー)

2019年04月15日

誕生日

birthday.jpgその日は早番で食堂に行くと入居者さんから声を掛けられました。
「今日、お兄ちゃんの誕生日なんだって? 聞いたよ。おめでとう。」
「Aさんも先月でしたね。おめでとうございます。まだまだ、お若いですよね。」
Aさんは微笑んで、「んだなぁ。頑張らなくっちゃ。お兄ちゃんもこれからの人だ。頑張ってね。」
早番で眠たかったけど、一日元気をもらえました! (特養ホーム介護職員)

2019年04月03日

おなごは○○な生きものですからハート(トランプ)

tengoku.jpg時刻は午前3時、夜勤中。足腰丈夫なAさん(97才)をトイレにご案内した時のこと。
「はぁ〜いつまで生きるのかね? 父ちゃんどさ(天国に)行きたいはぁ〜」
「Aさん、女は待たせてなんぼの生きものですよハート(トランプ)
「んだな〜! 父ちゃん! 待ってろな(笑)」
天井に呼び掛けるAさん。 旦那さまには、お待たせしてたいへ〜ん申し訳ありませんが(^▽^;)、Aさんにはまだまだ元気でいてほしいし、一緒に笑っていきたいです。
(特養ホーム介護職員)

2019年04月02日

異動して

origami2.jpg一般型のデイから認知症対応型デイに異動となりました。
こぢんまりとしているのですが、その方々との関わり方を改めて考えさせられる日々になりました。
まだ2ヶ月ですが、その2ヶ月がこんなにも中身が濃く、充実した日々になるとは思いもよらなかったので自分でもびっくりしていますが、新たな気持ちで頑張ります。
(デイサービス 介護職員)

2019年04月01日

「とかみ小学校」でのび太もドラえもんも入学式

newface.jpgなごりの雪が舞う中、新学卒者を含めた新入職員と異動になる職員の辞令交付式が行われました。
全体が明るく新鮮な雰囲気に包まれています。
「ぴかぴかの一年生」のタイトルで入居者さんが折り紙や切り絵で作った作品が、交流ひろばに飾られています。その中ののび太とドラえもんが優しく見守っています。
(事務職員)

2019年03月25日

確実に…

芽.jpg食堂からふと中庭を見ると、小さな黄色のクロッカスとミニ水仙が咲いていました。
近くにいらっしゃったAさんにお伝えすると「あら、春なんだねぇ」と春が確実に近づいていることを感じ、穏やかな空気が流れました。
桜の開花が各地から伝えられ始めました。今年の花見はどこにしましょう…。(特養ホーム介護職員)

2019年03月20日

愛しのパイン飴

pinecandy.jpg苑内の売店まで、入居者さんと一緒にお買い物に行きました。
ですがお目当ての「パイン飴」が在庫切れ! 前回お買い物に来たときにも丁度在庫切れで…、なかなか巡り会えません。
代わりに黒飴を購入されました。そして私にも1つ下さいました。優しい!
今度こそ、パイン飴に巡り会えるといいですね。(特養ホーム介護職員)

2019年03月18日

ハッピーバースデー

cake.jpg私たちのユニットに今日が誕生日の入居者さんがいらっしゃいます。 みんなでハッピーバースデーの歌を歌ってプレゼントを手渡すと、満面の笑みで喜んでくれるました。 私は誕生日なんて嬉しくないし「また年をとってしまった」って思うだけ。でも、自分の誕生日を覚えてくれている人がいるってことがとても嬉しくて、あの笑顔になるんだなぁと感じました。(特養ホーム介護職員)

2019年03月11日

笑顔のために

egao4.jpg「おーい、おーい」と介護職員を呼んでいるご利用者Aさん。
介護職員は何名もいるのですが、お話を伺おうとすると「あなたではない」と態度で示します。
普段はあまり笑顔を見せないAさんなのですが、お気に入りの介護職員が伺うと、ふと見せる笑顔がステキで印象的です。
「本当は、笑顔の素敵な方なのかな?」と考えたりします。その笑顔を見るために、日々の介護業務に努めています。(特養ホーム介護職員)

2019年03月06日

ほっこり

omutu.jpg入居者さんのオムツ交換に入りました。すると、急に「○○ちゃん」と名前を呼ばれました。
下の名前を呼ばれたのは初めてだったので、びっくり! 
そして、ほっこりとした気持ちになりました。なんだかシアワセ。
(特養ホーム介護職員)

2019年03月03日

喜んだ顔が見たくて

pudding.jpg先週大きなごまプリンに挑戦…。大きすぎて固まらず失敗に終わりました(-.-)
本日大きな普通のプリンに挑戦し、見事に成功!!!
入居者の方からも拍手が!
頑張ったかいがありました。 手作りのものはみんなに喜んで貰えます。(特養ホーム介護職員)