2019年08月04日

猛 暑

sun.png涼しい日が続き夏はまだかな、と思っていたら急に暑くなってきました。
エアコンが入っているとは言え、看護師は端から端まで歩く仕事なので暑さがこたえます。
ニュースでも熱中症の話題が途絶えることはありません。
水分補給をこまめにとるよう心がけましょう。(看護職員)

2019年07月27日

思いを通い合わせて

受付.jpg今日は事務室の日直勤務。面会の方がたくさん来苑下さっています。
「こんにちは」に「こんにちは」と言葉を弾ませます。
時折、苦言苦情もいただきますが、伝えていただけることは大変ありがたいことで、直接話していただけるのは特に喜ばしいことです。
私たちの思慮や配慮が足りないためであったり、説明が十分に伝わっていないために誤解を生んでいたり、よりよい方向へ改善できるたくさんのヒントをいただけます。関わるすべての方が三方良しの関係となれるようにと臨んでいます。(事務員)

2019年07月25日

わたし女よ ほれっ!

bust.jpgいつも笑顔でムードメーカーのAさんと気持ちは20歳のBさん。会うといつもお二人は和やかにお話しされています。
お風呂の時間になり、「お二人ご一緒にお風呂どうぞ」と声をかけて脱衣所で服を脱いで頂こうとした時、Bさんがお風呂に入りたくないとおっしゃいました。
訳を聞くと、「Aさんは男でしょ。恥ずかしいわ」と。
ん?もしかしてAさんが髪を短くされているから? そういえばショートカットの女性職員にも男の子、と言ってたっけ。
するとAさんは笑いながら「わたしは女だじぇ〜、ほれっ」と服を脱ぎながら大笑い。Bさんは「あら〜そうだったの。ごめんなさい」と3人で大笑い。
そうか、Bさんが20歳の頃の女性は髪が長かったですものね。Aさんの人柄の良さと、Bさんの乙女な心を感じた出来事でした。(デイサービス 介護職員)
続きを読む

2019年07月22日

おめでとうございます

プレゼント.jpg誕生日を迎えたAさん。
お誕生日プレゼントをお渡しすると、「こんな年になっても祝ってもらえるなんて幸せだ。ありがとう。」と、顔をクシャッとさせ涙をこぼして喜んでくださいました。
思わず私もうるうると…。
Aさん、おめでとうございます。(特養ホーム介護職員)

2019年07月20日

梅 雨

rain.jpg毎日湿度高くて鬱陶しいですね。いつになったら夏が来るのでしょう。
早く太陽の下で私が飼っている猫のココアと野原で遊びたい。そしてダイエットするのです。
今年の夏こそきっとと言い続けて何年経ったか忘れました。
毎日一人で反省会しています。(看護職員)

2019年07月11日

気遣い

magotosobo.jpgある入居者さんのお目覚め時に、お部屋に伺いました。
私を見るなり「半袖着て寒くないんだが?」とおっしゃり、私の腕をさすって下さいました。
気遣って頂いたことがとても嬉しく、私の目もパチッとなりました。
(特養ホーム介護職員)

2019年07月08日

場所は変われど

goodbye.jpgAさんは自宅に住み続けたいと願いながらも「家族に迷惑をかけたくない」という気持ちがあり、一方ご家族は自宅での生活はこれ以上難しいと思いながらも後ろめたさや葛藤がありましたが、施設入居を決断されました。
入居し1ヵ月経過したところで面会に伺ったところ、「ここに来て良かった。家にいる時は心配事が尽きなかったけど、今はなくなった。家族もよく面会に来てくれる。家族は安心していられると言ってくれている」とのこと。
施設にもだいぶ馴染まれ、笑顔で見送ってくださったAさん。場所は変われど今後の人生もきっと楽しまれることだろうと感じてきました。(居宅介護支援事業所 ケアマネ)

2019年07月05日

悲しみを乗り越えて

hitori.jpg今日はAさんの誕生会です。
Aさんは数か月前にご主人を亡くされ、少しずつ元気を取り戻しているところでした。
男性利用者のBさんからのお祝いの言葉です。
「私も何年も前に妻を亡くしずいぶん悲しい思いをしてきましたが、妻の分も元気に長生きしたいと思います。Aさんも旦那さんの分も長生きして下さい。本日はおめでとうございます」
Bさんは口数の少ない物静かな方で、たくさんの言葉でのお祝いではありませんでしたが、人柄が表れた何て暖かみのあるお祝いの言葉なんでしょう。Aさんの心にきっと響いたと思います。
いずれは私たち夫婦も独り身になる時がくるでしょう。今日は私の主人に対して優しくなれそうです。(デイサービス看護師)

2019年07月02日

父ちゃん ありがとう

tengoku2.jpgAさんとの入浴の日。Aさんは湯船に浸かると手を合わせ何か天井を見上げていました。
「私…、旦那に冷たくしちゃってね。もう旦那は死んじゃったんだけど…、それが心残りでね」と少し寂しそうに話して下さいました。
話は続き、旦那さんとヨーロッパ旅行に行った時の話や自分はわがままな性格で、でも旦那さんはなんでも優しく受け入れてくれた事を懐かしそうに、最後は笑顔で話して下さいました。
夫婦について考えさせられ、そして気づかされたような出来事でした。
(グループホーム介護職員)

2019年06月30日

子猫「にゃんこ」

littlecat.jpg育児放棄されていた子猫を発見しました。ガリガリにやせ細って自分で食事も取れなく、いつ死んでもおかしくない状態だったので、許可を得て一日だけユニットの中庭に置いてもらうことになりました。
入居者さんが物珍しそうに寄ってきて「かわいい。ちっこいな。にゃーって鳴いてみろ。」と子猫は人気者に☆みんなに可愛がってもらいました。
今では、家の中を走り回って我が家の先住猫と取っ組み合いをしています。 自分の娘だと思って育てていきたいと思います(^_-)-☆。元気になって本当に良かった♡  (特養介護職員)

2019年06月29日

巣立ち

swallow3.jpg日に日に大きくなるつばめ。
餌をおねだりする鳴き声もだんだん大きくなりパパとママは大変な毎日を過ごしていたようです。
ちょっと近くまで飛んだかなぁと見ていたら、とうとう巣立ちの日を迎えてしまいました。
うるさいくらいの鳴き声が聞こえなくなり、少し寂しい気持ちになりました。  (看護職員)

2019年06月28日

優しいお母さん

夜間にsleep.jpgお部屋に伺うと「良い子だね〜」と我が子をあやすように犬のぬいぐるみをなでる入居者さんの姿がありました。
目は閉じていて寝言のようにささやいていました。
若い時はきっとそうやってお子さんと寝ていたんだろうな…。優しいお母さんだったんだろうな… (*^_^*)  (特養ホーム介護職員)

2019年06月25日

お手軽プリン

cooking.jpg今日は、ユニット内のキッチンで豆乳プリンを作りました。
材料は、牛乳または、豆乳とマシュマロ、少量の水のみです。男性の私でもできるお手軽プリンです。
入居者さんの近くでのおやつ作りは、作る側の緊張とできあがりを待つ入居者さんの楽しみが重なります。
「おいしい。これならまた食べたい」とおっしゃっていただきました。(特養介護職員)

2019年06月20日

青春の甘い思い出

love.jpgご利用者さんとラベンダー祭りに行ってきました。
その道中、男性利用者さんが「ここ懐かしいなぁ。昔、リヤカーを押しながら歩いたっけなぁ」としみじみと語られました。
結婚前の奥様に会いに行く度、リヤカーに奥様宅への贈り物等を積んで通ったそうです。いつもは見られない朗らかな表情で、奥様の事などをたくさん話して下さいました。
「職員さん、ここに連れてきてくれてありがとうなぁ。懐かしくて婆の事をいろいろ思い出したよ。今日は良い日だ」と笑顔で仰って下さいました。また来年も一緒に行きましょう。
(デイサービス 介護職員)

2019年06月17日

梅雨の晴れ間のよう

egao5.jpg100歳を過ぎて穏やかにお過ごしのAさん。最近は目を開けて下さっている時間が多くなり喜んでいました。
今日、トイレにお誘いすると私の顔を見て声を出して笑ったので、「私の顔がおかしいですか?」と伺うと、うなずいてくださいました。
こんなにはっきりと笑うことが少ない方なので、とっても嬉しかったです。梅雨の晴れ間のような気分になりました。   (特養ホーム介護職員)

2019年06月11日

5年という時間

copy.jpgコピー機(複合機)が入れ替わりました。
これまで使っていた機種も設置したときは「速ーい」とか「きれい!」なんてことを言っていたんですがね。
今回のはコピーした書類を、枚数こそ少ないものの針なしホチキス機能で仕上げてくれたり、同じ書類を大量にコピーするとき1部ずつづらしてセットしてくれるんです。すごいですね〜(私たちにとってはスゴイんです)。
でも、あと5年したら会議では紙なんてものが必要なくなりコピー機そのものが必要なくなるかもしれませんねぇ。(事務員)

2019年06月10日

金のなる木

金のなる木.jpgデイサービスでの「園芸活動」で数名のご利用者さんと土いじりを楽しみました。
すると、10年以上放置され根詰まりを起こし、しかも病気のせいか葉っぱが落ち丸坊主になってしまった『金のなる木』を植え替えようとAさんがおっしゃったので、植え替えをすることに。
力仕事は私が引き受け、教えてもらいながらの作業です。株分けし、枝を短く切られた『金のなる木』。
「これでお金が入って来るべな〜」とAさん。
『金のなる木』という名前に思いも込めたくなります。枯れないで! 復活して! その生命力を信じています!  (デイサービス職員)

2019年06月03日

いい笑顔!

man.jpg夏のような暑い日、顔を真っ赤にした学生さんがトイレを借りにきました。
「授業の一環で田植えをしてました。今から打ち上げなんです」
充実したいい笑顔! 普段から、いろんな方が立ち寄ってくださいます。 
(特養ホーム相談員)

2019年05月30日

つばめ

swallow2.jpg苑の軒下に巣を作ったつばめの夫婦に、雛が誕生しました。
巣から小っちゃなクチバシを出し、一生懸命新米?パパ・ママに餌をおねだりしています。無事に巣立ってくれる事を願っている毎日です。
つばめは幸せを運んで来る鳥と言われているので、苑に小さな幸せが来るかも……。  (看護職員)

2019年05月25日

私は二十歳

hatati.jpg私たちの部署に二十歳の誕生日を迎えた職員がいます。勤務職員みんなでお祝いしました。
苑長がウン10年前の学生の頃、サークルでメンバーが二十歳を迎えるたびにみんなで歌ったという歌の紹介もありました。
るんるん夏雲の下〜 木枯らしの夜も〜 前を向いて歩き続け〜 … 私は二十歳〜。るんるん
初々しさいっぱいの二十歳の乙女。これからの人生、ワクワクする楽しいことがいっぱいあるよ。
私だってまだまだ頑張るからね!!  (特養ホーム介護職員)

2019年05月23日

悩ましい

hokou.jpgリハビリ後に椅子から立ち上がり、ふと手を伸ばすご利用者Aさん。その手に素早く気づき、そっと手を取るご利用者Bさん。
リハ職としては移動の見守りをしつつ一人で歩いていただきたい気持ちがあるのですが、Bさんの気持ちを大事にして利用者間の交流を深めていただきたいとの思いもあるし…。その板挟みに悩むことがあります。 (リハビリ職員)

2019年05月21日

笑顔を引き出したい

bath4.jpg失語症の入居者さんの入浴介助を終え、「ありがとうございました」と目を見て声をおかけすると、一瞬にこっと微笑んで下さいました。
一度も微笑んだ顔を見たこともない私には衝撃的で貴重な経験になり、とても暖かい気持ちになりました。
これからも笑顔を引き出していけたらなぁ。  (特養ホーム介護職員)

2019年05月06日

菖蒲の湯

syoubu.jpgデイサービスでは菖蒲の湯。でも、自分の菖蒲を束ねる紐はすぐほどけそうです。
そうだ、利用者の皆さんの方が上手いんじゃないか?と思い、一緒に束ねていただきました。
やはり、束ね方はきっちり。タコ糸の結びも手慣れたもの、さすがです! 
手にほんのり五月の香り(?)。お風呂にプカプカ浮いた菖蒲に、私も「ま〜ぜ〜て〜。」と思わず…。  (デイサービス 介護職員)

2019年05月03日

男性って

名称未設定 4.jpgお茶の時のことです。 男性入居者のAさんからは厳しいお言葉を頂いたりもしていますので、
「あの〜私の良いところはどこでしょうか?」と伺うと 「ん〜っと、髪が短いところ!」とお褒め頂きました。
向かい側に職員のBさんがいたので 「Aさん、Bさんの良いところはどこですか?」と伺ってみると、「ボインちゃん!!」と。
おもわずBさんと笑ってしまいました。
男性はいつまでも男性なんだな、と思い知らされました。(特養ホーム介護職員)

2019年04月29日

ツバメが…

swallow.jpg施設の軒下に毎年のようにつばめが巣を作っていましたが、来なくなってから数年、久しぶりにつばめを発見!
今年は良いことがあるかなー。ひな鳥で癒やされる日が待ち遠しい私です。
(特養ホーム看護職員)