2020年03月29日

今日も会えた

bed.jpgAさんは御年99歳。長年がんばってきた体も、日に日に痩せてきました。ご飯も食べれなくなりお部屋で過ごすことが多い日々。
小さく呼吸しているお顔を見て「今日も会えた」と一日一日の大切さを感じています。仕事を終えた職員も、お部屋に会いに行き、お顔を優しくさすりに伺い「また明日来ますね」と声をかけに行きます。あたたかい関わりの時間。
この仕事をしていると避けては通れない、つらい瞬間と必ず向き合わなきゃいけない時がありますが、私も将来人生の卒業が近くなった時にたくさんの人の優しさに囲まれた日々が送れたら…と思いながら、今日もまたAさんのお顔をさすりにいきます。(特養ホーム介護職員)