2020年09月28日

季節を感じるって大切

imoni.gifデイの中庭から食欲をそそるいい匂いが事務室に届きました。ご利用者と職員の合作、山形名物芋煮です。
今日はあいにくの雨で肌寒い日ですが、あったか〜い芋煮はより一層おいしかったのではないでしょうか。
季節を感じる事の出来る行事はとても大切な事だと、コロナでどこか晴れやらない今年は特に感じます。(事務職員)

2020年09月21日

お菓子作り

cake1.jpg入居者の皆さんと一緒にフルーチェ作りをしました。
皆さん、こういう活動は大好きです。いい表情で作っていきます。
手に付いたフルーチェを舐めたり、できたフルーツのつまみ食いもご愛嬌。 目が合って、ばつの悪そうな微笑みもお茶目でステキです。(特養ホーム介護職員)

2020年09月13日

おひさしぶりです

arigatou.jpgAさんのお部屋へ伺った際に、「あれ?久しぶりだな。私、あなた来るの待ってたんだー」と、笑顔でおっしゃってくださいました。
休み等が続いていた私。私の事を待っててくださる方がいるのだと思うと嬉しくなりました。
(特養ホーム介護職員)

2020年09月08日

このひと時が楽しみ

sanpo.jpg毎年この時期に隣のクリニックで入居者さんたちの健康診断がある。
入居者さんを送り迎えする道中の時間が楽しい。今日も車イスを押しながらクリニックへ続く坂道を下る。
「いい天気ですね。空も高くなって秋空っぽいですね」と声をお掛けすると、「んだな。秋だな」と上を見ながら答えてくださる。
「秋っていうと何を思いますか。」と伺うと「芋だな。悪戸芋。うちの部落のよ。うまいんだ」ニッコリ。
「あの有名な悪戸芋産地の出身だったなんてうらやましいです。なかなか手に入らないですよ」とお伝えすると「んだがや。今度な」と目じりのシワを深くして仰った。すかさず「楽しみにしています」と答えた私だった。(特養ホーム 相談員)

2020年09月05日

見てくれている人が必ずいる

are.jpg壁に画用紙で作った装飾品を張っていたところ、利用者さんの声が聞こえてきました。
「ここの従業員さん? それともあんなに均等に貼ってるから業者さんだべが?」
どうやら私に向けて言って下さっているようなのです。業者さんとの言葉には少々笑ってしまいながらも、最高の褒め言葉をいただいたと勝手に解釈することにしました。
このようなところも気に掛けて見ていて下さる利用者さんがいるということに改めて嬉しくなり、その後の装飾に更に熱が入ったことは言うまでもありません。(特養ホーム介護職員)

2020年09月03日

○○君だが?

konnitiwa.jpg入居者のAさんは私と目が合うなり、「〇〇君だがぁ?」とにこやかに声を掛けて下さいます。
入浴やトイレ介助にうかがうと必ず「〇〇君だがぁ?」や「〇〇君だねぇ。今度遊びさ行がんなねなぁ〜」とおっしゃいます。Aさんがそれほど言う“〇〇君”ってどういう人なんだろうと思いを巡らせてしまいます。(特養ホーム介護職員)

2020年09月02日

やるときは全力で

taisou.jpgデイサービスでは、利用者さんのレベルに合わせてグループになり体操を行っていますが、職員一人ひとりがグループを担当しています。
最初は不安でしたが、少しでも体操の時間が楽しいと思ってもらえるように、ちょっとした遊びを入れながら行っています。
「少しやせたよ」とか「足が良くなった」という声が聞こえるとやる気も出てきます。自分自身の結果にもコミットしたいので、やるときは全力で! 頑張るぞ!! (デイサービス 介護職員)

2020年08月31日

違いますよ〜

 gas.jpg入居者さんとニュースを一緒に見ていました。
「東京は今日もコロナでいっぱいですね」
「200人って少ないべ!」
「200人って凄く多いと思いますよ!」
「今は知らないけど昔からあって便利なんだ」
「えっ!昔からあって便利なんですか!?」
「皆使ってるよ! コロナのガスコンロ」

2020年08月25日

笑顔の写真

syasin2.jpgAさんのお部屋には、笑顔が素敵な旦那様の大きな写真が飾ってあります。
仲が良かったのか尋ねると、「んだったな、旦那様の代わりはいないもの。あの人だげったな」と、真夏のヒマワリのような素敵な表情で話して下さいました。
お話するのが楽しいAさんです。(グループホーム介護職員)

2020年08月13日

楽しみを感じながら

sabisii.jpg最近入居されたAさん。いつもいつも「ありがと様なぁ」と言って下さり、こちらの方が元気づけられています。
でも今日は、「忙しいところ悪いなぁ。家の人、さっぱり来ねがらよう」と寂しそうに仰っていました。そんな寂しい気持ちも吹き飛ばせるように、少しでも楽しみを感じて過ごせるようこれからお手伝いしていこうと思いました。(特養ホーム介護職員)

2020年08月10日

お名前覚えておくね

fight.jpg新規の入居者さんが入られました。
夜勤の時にコールがきて「パッドを交換してもらえませんか?」と申し訳なさそうに頼まれました。
パッドを交換し終え部屋を出ようとすると「あなたのお名前は?」と聞かれ名前を告げると「本当に助かりました、お名前覚えておくね」と笑顔でお礼を言ってくれました。その日の夜勤は楽しく過ぎていきました。(特養ホーム介護職員)

2020年08月04日

いい空だね〜

sky.jpg今年の梅雨は豪雨続きで冷や冷やする日々でした。 そんな中、からっとした晴天の日に、とあるご利用者のおっしゃった「いい空だね〜」の言葉、輝く笑顔に元気をいただきました。 雨の中でも晴れ間を楽しむ気持ちを忘れちゃダメですよね。(デイサービス職員)

2020年08月02日

夜勤の時に

guts.jpg朝方に女性の利用者さんが起きられたので、お部屋に伺うと 「夜中当番だったのか? 大変だったね、寝ないで仕事して。少し休んでいけ」と言って下さいました。
その言葉を聞いて疲れが一気に吹き飛びました。(特養・ショート介護職員)

2020年07月29日

山形弁 奥深し

名称未設定 3.jpg夕暮れ時、窓の外を見ていたら、利用者のAさんが「富神山さ、いらしゃるは〜」と仰いました。
私の頭には?が飛び交い「富神山いますね〜」と返事すると、「いらしゃるってしゃねのが? お日さま山さ隠れるごどば言うんだ」とAさん。
知りませんでした。山形生まれですが、山形弁、奥深しです。(デイサービス介護職員)

2020年07月26日

褒められて

happy.jpg入居者さんにベッドから車椅子に移って頂いた際「じょんだなー(上手だね)」と仰っていました。
なかなかそんなことを言ってもらったことがなかったので、とても嬉しくてニッコリです。(特養ホーム介護職員)

梅干し

umebosi2.jpg梅の実とシソの葉で梅干しを皆さんで作りました。
入居者さんが作り方、栄養や料理法などを教えてくれます。昔はどの家庭も梅干しはご家庭でつけていました。
先人の知恵、お年寄りの知恵や知識にはいつもすごいと思ってしまいます。
市販では味わえない美味しい梅干しを毎年頂けるうれしさに感謝しています。(グループホーム介護職員)

2020年07月21日

「うなぎ屋さん」食レポ

uragi1.jpg土用の丑の日に入居者さんたちはうなぎの夕食です(前記事の通り)。
食後に「うなぎはどうでしたか?」と職員が尋ねると、Aさん「とっても美味しかったよ」、Bさん「良かった−」、Cさん「見た目は美味しい。でも味がしない」と色んな感想を聞くことができました。
手厳しいご意見もありましたが、暑さに負けずに過ごしましょう。(特養ホーム介護職員)

土用の丑の日

unagi2.jpg土用の丑の日はやっぱりうなぎですね。ということで「うなぎ屋」さん、始めました。
中庭に出て夕食に皆さんでうなぎを食べて、いつもよりちょっと豪華なフルーツも食べて・・。職員がよさこいソーラン節を踊り、少しお祭り気分! 蚊取り線香の香りもまた夏を感じさせてくれます。
外に出ることも難しい今日この頃ですが、季節の移り変わりを感じることはやっぱり大切だなと思いました。皆さんの楽しそうな笑顔を見ることができて、職員一同嬉しく、入居者の皆さんからパワーを頂きました。(特養相談員)

2020年07月16日

バイバ〜イ

child.jpg支援が終わり、Aさんは外に出て笑顔で手を振りながら私を見送ってくださいました。
それを見ていた小学生くらいの女の子も道を歩きながら、とても可愛い笑顔で手を振ってくれました。
女の子は私にではなくAさんに手を振ったのかもしれませんが、子どもの無邪気な笑顔っていいですよねぇ。
とても清々しい気分になりました。(ホームヘルパー)

2020年07月01日

こんな時だからこそ

koma.jpgコロナウイルスの流行で外出できない日々が続いています。ご家族様ともなかなか会うことができず、最近「つまらない」が口癖になりつつあるAさん。
いろんな事にお誘いするのですが、心から楽しんでいる様子はありません。そんな時に何気なくお勧めした「コマ」。すると「これはコツがいるのよ。ほらこうやって…」と職員にもご指導下さり、30分以上コマを回していました。 こんな時ですが童心に返って夢中で遊ぶのも良いものですね。(特養ホーム介護職員)

2020年06月30日

生け花

ikebana.jpg先日、みんなで花を生けてみました。お花を目にすると、皆さんのお顔がにこやかになります。ご自分で生けたお花をそれぞれお部屋に飾りました。
その後も水を変えたり、水切りをしたり、枯れた花を捨てて庭から新しい花を摘んで足したりして、今もそれぞれに楽しんでいらっしゃいます。(グループホーム介護職員)

2020年06月28日

「ありがとう」は魔法のよう

arigatou.jpg新卒で勤めて数か月。大変なことや辛いこともありますが、元気の出る魔法の言葉があります。
入居者さんの「笑顔」と「ありがとね〜」というお言葉です。
少しのお手伝いをしかできなく、まだまだ未熟ですが、「ありがとう」と言っていただけるだけでパワーがみなぎってきます。(特養ホーム介護職員)

2020年06月24日

遠慮させてしまいすみません

tameiki.jpgデイサービスには、30名前後の利用者さんが通われています。
出来るだけ全員の顔を見て声を掛けていますが、お帰りの時間に玄関先で「今日の活動で作った作品を見てもらいたかったけど、看護婦さん忙しいのかなと思って声掛けるの遠慮したんだ」と言われてしまいました。
気にかけて頂けることを嬉しく思いながらも…、反省の日々です。(デイサービス看護職員)

2020年06月22日

新聞記事から

oyako.jpg親の介護は親の財布から
親の介護で犠牲にならず
子供には自分の人生を大切にしてほしい
お金よりも優しい言葉が一番。

昔は親の面倒は子供達でしたが、世の中ずいぶん変わりましたね。(ふれあいセンター職員)
続きを読む

2020年06月17日

秀吉になれた

hideyosi.jpgデイサービスでは来苑された際、必要な方には靴の履き替えをお手伝いしています。
Aさんの靴を履き替えていると「俺は殿だな!」と仰いました。続けて「あんたは豊臣秀吉だ」と。
「あら、どうしてですか?」とお聞きすると、「こうやって草履を出して履かせてくれたから」と。
なるほど!! 豊臣秀吉になれたひとときでした。(デイサービス介護職員)